安佐南区の内科・小児科・麻酔科
〒731-0154
広島県広島市安佐南区上安2丁目4-36

TEL: 082-878-8105

何でもご相談ください。

安佐南区上安2丁目、上安駅より徒歩8分、広島銀行安支店隣、内科・小児科・麻酔科

医療法人社団追風会 大本内科医院の外観

患者様一人一人のニーズに合わせた丁寧な治療にこだわり、健康増進および病気の予防に寄与していきます。


患者様ひとりひとりの症状を丁寧にお聞きしたうえで病気を早期発見し、最善の医療を提供できるよう努め、地域に密着した医療機関として皆様の健康をお守りできるよう貢献したいと考えております。

子どもさんからお年寄りの方まで安心して体のことを相談できる医者でありたいと考えておりますし、「このクリニックに来てよかった」と思っていただけるような、心温まる医者でいられればと思っています。

安佐南区で内科・小児科・麻酔科を受診するなら大本内科医院へお気軽にご来院ください。


院長のひとり言

受験生の家での感染対策は?(中国新聞より抜粋)

「コロナもインフルも、いつ誰がうつってもおかしくない。入試当日までは家の中に感染者がいると想定して行動した方がいい。」

感染症から守るには、食事は受験生だけ別室で取るか、時間をずらすよう勧める。風呂上がりに顔などを拭くタオルは受験生用を準備した方がいい。歯磨きはしぶきが飛び散るので、家族は受験生の近くを歩き回って磨かない。

半面、保護者が調理中にマスクや手袋をする意味はなく、入浴の順番を気にする必要もない。家の中の掃除は普段通りでよく、アルコール消毒をして回らなくて大丈夫。と、広島大学院感染症科 大毛宏喜教授はおしゃっておられます。


免疫力アップのためには(中国新聞より抜粋)

感染症にかかりにくい体づくりに心がけたいのが、「規則正しい生活」「十分な睡眠」「適度な運動」「栄養バランスの取れた食事」「ストレス解消」。

また、体が免疫細胞を作り出すさまざまな栄養が必要で、食事にも気を付けたい。ビフィズス菌や乳酸菌を含む発酵食品、食物繊維、オリゴ糖などを食べて腸の調子を整えることは免疫機能を正常に保つことにつながる。ただし、「1つの食品だけを過剰に取るのは逆効果になることも」。バランスを考えた食事をきちんと取ることを意識しよう。と広島大大学院の保田朋波流教授はエールを送っておられます。

新型コロナ、インフルエンザ抗原検査の落とし穴

新型コロナ感染症は、発熱してすぐ抗原検査で陽性に出ることがありますが、インフルエンザは発熱してすぐ検査しても陽性に出ないことが多い傾向にあります。

発熱して医療機関等の抗原検査で、陰性であっても、熱が続く場合は、もう1度インフルエンザの抗原検査をすることをお勧めします。

お知らせ

R4年度のインフルエンザワクチンは終了させていただきました。

オミクロン株対応コロナワクチン接種を行っています。

広島市に住民票がある初回(1・2回目)接種を完了した12歳以上の全ての方が対象で、接種できます。

12歳以上の12回目接種完了者は、従来型ワクチンによる前回の接種から3か月経過後にオミクロン株対応ワクチンの接種が可能になりました。

予約方法は、コールセンター、広島市ホームページよりお願い致します。

 発熱外来について    

当院では患者様に安心して受診していただくために、発熱外来の対応をさせていただいております。

発熱・咳・強い倦怠感等の症状や、新型コロナウイルス感染症が心配な患者様は、一般の外来とは別の場所で診察を行います。院内感染防止のために、ご理解・ご協力の程宜しくお願い申し上げます。発熱・風邪症状で受診される場合は、通常の外来受診は御遠慮ください。発熱受診希望の方は、必ずお電話の上、受診をお願い致します。

・受診方法については、電話でお伝えします。お伝えした内容に従い受診をお願いします。

・診察までの待機場所として、自家用車での来院をお願い致します。自家用車で来院されない場合には電話時にお伝えください。

・受診時可能な方は、当院ホームページより、問診表を印刷し、ご記入の上、持参していただけると助かります。ご協力お願いいたします。

尚、現在、新型コロナ感染拡大に伴い、発熱外来が大変混雑する日があります。混雑の状況を見ながら、発熱外来をお断りさせていただく場合がございます。また、予約ではありませんので、一般外来患者様と同様に来院された順番でお呼び致しますので、待ち時間が長くなる場合がございます。ご了承ください。